直線上に配置

PRODUCTION


MODEL-CCCS


MADE IN JAPAN

+Cの発想

MODEL-CCCSは、HIROの代表作MODEL-CCC Improvedの発展型モデルです。

◆ダイナミックレンジの拡大
録音ソースの進化に伴い、ハイエンドオーディオの世界では、かつて無いほどのダイナミックレンジが要求されるようになってきました。通常のオーディオルームのエアボリュームならシングルユニットで十分と判断したHIROですが、より大きなオーディオルームでの再生を考えた時、+Cの発想が生まれました。「広大なオーディオルームで、望むままの大音量、フルボリュームに耐えられるダイナミックレンジを確保したい」その欲求を満たすためのダブルウーファー化なのです。

◆デュアルエンクロージャー
MODEL- CCCSの特徴的なスタイルは、ウーファーエンクロージャーが片チャンネルあたり二つある事です。ユニット数を増やすだけではなくエンクロージャーも倍増したのには理由がありす。完全密閉型のエンクロージャーは音圧の逃げ場が無いため、自らが起こした音圧を背面から100%受けることになります。一つのエンクロージャー内でユニット数を増やすと、ユニット間の干渉によるパッシブラジエータ効果が起こることがありますが、HIROはそれを避けるためにエンクロージャーを倍増し別体としたのです。また、広いバッフル面からの反射を避けるため、ウーファーエンクロージャー離してセッティングすることも可能、他にも様々な可能性を秘めています。

◆再生能率の向上
ダブルウーファー化とネットワークの調整によってMODEL-CCCSの効率は大幅に向上、特性平坦化の為に使われているレジスタがも極小のものになりました。このアッテネーションから解放されたユニットの音は、MODEL-CCCSの個性を決定づけることになりました。音源に含まれたすべての音を引き出し、音楽を裸にするHIROサウンドの真骨頂と言えるでしょう。 


◆将来性
すでにMODEL-CCSを所有しているユーザー様は、ウーファーエンクロージャーを増設、ネットワーク基盤を交換(別途費用)することで、簡単にMODEL-CCCSにグレードアップが可能です。






MODEL CCS Improved

MADE IN JAPAN

MODEL-CCSはHIRO-SYSTEMのフラッグシップモデルです。
音楽再生において、スピーカーは特別な存在です。スピーカーは常に主役であり、オーナーの伴侶と言ってもよいでしょう。惚れこんだスピーカーのために、アンプやケーブルを厳選するのは当然として、家まで建て替えてしまうマニアも決して少なくありません。MODEL-CCSはそんな数えきれない経験を積んできた本物のオーディオマニアにこそ使っていただきたい製品なのです。虚構を足さず真実を逃がさない究極の再生音、この音を聞かずして真のハイエンドスピーカーを語ることはできません。


MODEL-CCS Improvedとはネットワークに、より進化した「MODEL-CCX Improved」を使用したシステムのことです。スピーカー本体は今までのMODEL-CCSと変わりません。





MODEL - CCシリーズの特徴

◆正確な音像表現
タイムアライメントに徹底してこだわりVTASを採用しました。また、ウーファー、ミッドレンジ、ツイーターを限界まで近づけて配置、音像が上下に移動する現象を最小限に抑えています。また、正面投影面積を小さくし、フロントバッフルからの反射を抑えたおかげで、左右、前後に広がる音像もきわめて正確に表現されます。音が出た瞬間から空間全体に空気振動が解き放たれるため、スピーカーの存在を忘れるほどの表現力を有しています。

◆アルミニウムエンクロージャー
アルミニウムのエンクロージャーから出る音はクールで冷たい音がすると思われがちですが、決してそんなことはありません。開発途中においては音が膨らみすぎて、クールどころかファットでじゃじゃ馬的な音色を抑えるのに苦労しました。アルミニウムは「振動しない」のではなく「振動の減衰をコントロールしやすい」だけなのです。不要な振動を取り去るためエンクロージャーは何度となく分解され、加工を加え再度組み立てるという苦難の開発経過をたどりました。何も足さない、そして何も引かない本当の低音はこのシステムの最大の特徴です。

◆小口径シングルウーファー
HIRO-SYSTEMは低音部に大口径のユニットを使用しません。小口径で剛性の高いユニットを一つのエンクロージャーに対して一基だけ使用します。それは正確な低音の再生には、振動版の正確なピストンモーションが必須であると考えたからです。加えて複数のユニットが同一のエンクロージャーに入ることによって起こる相互干渉(ドロンコーン効果)嫌ったからです。振動版はハニカム構造体を2枚のセラミックでサンドウィッチした極めて強固な構造です。共鳴管や箱鳴りを利用しない、わずか22センチのウーファーから、オーディオルームの気圧をも変化させるほどの重低音が再生される事実は聴いた者にしか実感できないでしょう。

◆セラミックミッドレンジ
極めて軽く、固いセラミック振動版を使ったミッドレンジユニットは、3オクターブを超える広い帯域をカバーしMODEL-CCSの音色を決定づけています。現代のハイエンドスピーカーの多くは、小型のウーファーを使用した2wayのシステムにスーパーウーファーを足したユニット構成を選択していますが、MODE-CCSではこのセラミックミッドレンジに広範囲の音域を再生させています。大きく重いミッドバスから放たれる中高音域とは、全く別世界のハイスピードな再生音に驚かれることでしょう。

◆ソフトドームツイーター

SCAN SPEAK製のこのユニットは動的な質量が、わずか0.35g、ソフトドーム振動版でありながら、人間の試聴可能域をはるかに超えた30kHzまでも再生することができます。そして、最新の磁気回路に支えられ、極めて優れた再生能力を持っています。そのユニットを支えるアルミニウムエンクロージャーは4kgを超えます。この無駄とも思えるほどの物量投資がMODEL-CCSの音質を支えているのです。

◆構造

バスユニットはフロントは20ミリその他は16ミリの圧延アルミニウムを加工して作られています。上部のミッドレンジおよびツイーターのケースはアルミのかたまりから削り出して作りました。主要パーツのすべてが高密度のアルミ素材から作られるのです。バスユニットの内側には一定の周波数を誇張しないようにする乱反射構造、内部の補強プレートもランダムに音を反射する造形です。ウーファーの後部にはマグネットを支え振動を分散吸収する構造体を設置しました、ミッドレンジユニットのケース内部もテーパ加工およびリング状の乱反射構造とし内部の音響をコントロールしています。

◆オーバーホール
MODEL-CCSのエンクロージャーは接着剤を使わずに作られています。そしてすべてが金属から作られているために、エンクロージャーを分解、オーバーホールが可能です。スイスの高級腕時計と同様に、分解してリニューアルすることができるのです。小さな傷程度ならまったく見えなくなるまでリペアが可能です。永遠とは申し上げられませんが、今までのオーディオ製品とは一線を画す長寿命を携えているのです。




HIRO-SYSTEM

ヒロシステムとは今までの固定概念を打ち砕く方式です。完全受注生産で、あなたの要望をすべて聞いてから生産に入ります。色、ユニット、全体のプロポーションすら選択は自由です。HIROはまさにスピーカーのオーダーメイドメーカーなのす。

HIROのフラッグシップMODEL-CCSはあくまで作品例であり、衣料品でいうところのプレタポルテなのです。ヒロシステムの真の姿はユーザーであるあなたが「夢に描いたスピーカー」を現実のものにすることなのです。しかし、いくら夢に描くといってもゼロからスピーカーをデザインするのは容易なことではありませんし、できあがったスピーカーがよい音になる保証はどこにもありません。

そこでHIROではMODEL-CCシリーズの発展型としていろいろな組み合わせを提案をしております。ヒロアコースティックラボラトリーが読んで字のごとく「研究所」をうたっているのは、絶えず研究、実験、改良を繰り返し、新しい製品を開発し提案し続ける意思を表しています。そして購入いただいたユーザー様にも、その成果をフィードバックすることをお約束します。

    


PASSIVE NETWORK


MODEL-CCSはチャンネルデバイダー使用してマルチアンプ駆動することができます。ただマルチアンプは装置全体が大掛かりになるため決して利便性の良いものとは言えません。そこでユーザーの要望に応えてパッシヴネットワークをご用意しましたクロスオーバー周波数やアッテネーターの設定は、当社の推奨値で作成しますが、ご希望があれば、どのような変更も承ります。また、ユーザーのオーディオルームの特性をに合わせ、アッテネーターの調整なども行います。オーディオルーム残響特性やトータルでの周波数特性などの測定も承っております。

◆MODEL-CCX Improved
パッシヴネットワークにハイグレードバージョンが登場しました。真に妥協を排した究極のネットワークです。普及モデルではなしえなかった孤高の音質を再現します→詳細

◆MODEL-CCX(普及モデル)
ヒロの理想とするマルチアンプはシステム全体が、かなり大掛かりになってしまいます。外付けのパッシヴネットワークを使用することでコンパクトなシステムで再生を可能とします。→詳細

TOP



Copyright(C)2015YoshikiHironaka AllRightsReserved